検索
  • ushijimaramen

本格博多らーめん うしじま こだわり1|熊本県熊本市東区で本格的な博多らーめんが楽しめる

博多らーめんうしじまでは、


博多とんこつらーめん

醤油とんこつらーめん

黒とんこつらーめん

梅塩らーめん


があります。




博多らーめんは、基本的には豚骨主体の乳白色のスープと極細麺が特徴です。


豚骨を強火で沸騰させるため、骨のコラーゲンなどが溶け出し濁ったスープになります。





ここで豚骨でのこだわりがあります。


うしじまらーめんでの豚骨はスープは「豚足」を使用しています。





豚の骨でも、豚足の部分(脛骨・大腿骨)は旨味が強いとされています。


よくある豚骨スープは頭や、背骨を使っていますので、うしじまらーめんではこだわって「豚足」を使っています。



この豚足を、強火で、しかも長時間炊くことによりコラーゲンがたっぷりの濃厚なスープに仕上げています。


うしじまらーめんで「とんこつらーめん」を食べてお気づきの方もおられるとおもいますが、

最後に「砂」のようなのがありますよね?


これはもちろん砂ではありません(笑)


この砂のようなものは、豚骨を強火で長時間炊くことによってできた「骨粉」なんです。



今度うしじまらーめんで「とんこつらーめん」を食べた時は、スープの最後まで楽しめると思います(^^♪




閲覧数:3回0件のコメント